2008年02月02日

流転、転変〔幻火〕

 火急の故あって、夜更けに慌ただしく、入国管理所を走り抜ける。

 昨夜に和装のお嬢も入国してくれて
 今日の夕刻には星砂拾いのイベントも始まっていたというのに
 なんてぇことだ。

 あまりに慌ただしすぎて、連れの方の準備もおいつかねぇ始末。
 借家の方を畳むのは、後日にした方がいいだろうか。

 一言も発さぬまま出国手続きを終え
 終えると同時か、擦れ違いか
 遠くより響く鬨の声。

 障害物のない砂漠の夜で、煌々と燃える砂漠の城。


 ――相当、高く付くぞ。

 小さく呟いて、少し離れた場所で連れと、金色猫が追いつくを待つ。


 ああ…次の目的地を定める前に、ゆるりと説明せねばなるまい。
 俺にも正直、わけがわからないんだが、な。

続きを読む
posted by アシアン at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

ヒキコモリ準備〔幻火〕

 さて、神の加護とやらが無くなった。
 はじめの…
 …ほんにはじめのうちこそ、一応細々と、一瞬だけ、動いてはみたが
 案の定、厭気が差し始めるも早い。

 呪竜に戦火、色も音も響かぬ宣戦布告。

 いや、構わぬ。
 構わぬのだ。
 それぞれに楽しんで居るのだろうし、
 実際、素直に楽しそうだと思わないこともないのだ。

 だが…どうもいけない。

 助力の一つでも乞われれば、
 俺はさして厭気も持たずに動くのではないかと
 そんなことも考えてはみたが、…いけない。

 口を開けば嫌味の一つでも零れそうになる。
 黒い焔が狂ったように哄笑する姿が目に浮かぶ。



続きを読む
posted by アシアン at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

猫帰還(予定)〔幻火〕

 ひっそりこっそり心配しておった、義理娘こと金色猫がもうじき戻ってくるという。

 戻ってくると言うても、ジネバスにある自宅は今もぬけの空であるからして
 必然的にマリオンの借家の方に…

 …来ることになるのだろうか。

 体験農業で作ったという菓子を持って報告に来てくれたついでに
 布団を干しておくようにと言われたので
 とりあえず、なるべく砂まみれにならぬところで干しておいてある。
 ふこふこに。

 夜になって冷え込むと湿気……いや、水気は少ないで湿気はせんと思うが
 何ぞ結露なり起こしそうな気がするので、早めに部屋に取り込むようにはしてあるが。


 砂漠都市も…
 賑わいは、どうなのだろうなぁ。

 おそらくは皆、様子見なのだろうと思う。
 神の加護とやらが消えて、国内では物言わぬままに、己の思惑のみで、動く。
 かつての頃より、変わるだに変わらぬ人の部分。

 動かぬまま、己の快楽だけ追い求めるなれば、それはそれで楽なのだ。
 俺だとて連れとの暮らしだけ追い求めていれば、幸福なのだ。

 だけども、それじゃ勿体無いじゃねぇか。

 ただそう思うから、何となく、俺は動いている。
 気紛れで。


続きを読む
posted by アシアン at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

三日と保たない〔幻火〕

 おそらくは動き続けていなければやる気が持続せぬのだろうと思う。
 一度休暇モードに入るとなかなか動き出す気が起きんのだ。
 それでいてこう、退屈だ退屈だとぼやくのだ。
 矛盾しているようにも思うが
 そういうのも含めて俺なのだと思う。

 ただまぁ、飽きっぽいので
 退屈して居るにも三日で飽きる。
 退屈に飽きたら後は騒ぐだけだ。己で退屈を破壊するだけだ。

 そんなわけで
 実際には三日以上経ってはいるが
 誰かやるか、国家イベントにしてくれまいかと思うていた税率イベントの方を勝手に開始することにした。

 賞品の方も、自腹切るを覚悟していたが…
 思い切って資金提供を国へ相談してみたところ、快くご提供頂けるようで一安心。
 大国なれば強装備の一つでも用意せねばならぬのだろうが
 …或いは、俺に絵心でもあれば姿絵の一つだとか

 どちらにせよ叶わぬことだで、賞品がそこそこ寂しいものになるは仕方がない。
 その分内容でどうにか出来ればと思う。


 …書き連ねたは、己の心神維持のため。

 何せほら
 何をするにも三日と保たぬ、ゆえなぁ…。


あ、今更だが
posted by アシアン at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

静寂〔幻火〕

 三日……
 否。

 一週間は、待とう。

 如何な多忙でも、せめて。



 なぞと、斯く言う俺自身は、己の発言以外の場には顔を出して居ないわけだが。
 多分に五十歩百歩。
 どんぐりのせいくらべ。


 さてはて……

posted by アシアン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

相性の問題〔幻火〕

 一部で偏屈だとか気難しいだとか言われているらしい。
 いや、俺の話だが。

 このところ愚痴めいた手記が続いている気がする。
 まぁ、そういう月間だということで御寛恕願いたい。
 年末だしな。
 関係ないか。

 それはそれとして、合う合わぬは何に対してもあるものだと思うのだ。
 例えばマリオン…に限らず、国柄。

 好みどうこう、合う合わぬどうこう、以前に
 未だ形として成り立っていないという部分が大きいのも事実。
 だが。

 俺ァこれでも生粋のネタ師というわけではないので
(――所謂世間一般、が、「ネタ師」にどのような定義を当てているかは知らないが)
 気が乗らねば賑やかしもせぬし、たとい騒がしを始めたとしても
 己が今と住む世界、次元を違うような発言や行動があれば興は失せる。
 なるべくヒトを選ばぬような場所を作りたいとは思うが
 つまるところ自分が楽しめねば周囲楽しませるも土台、無理な話…なのだ。

 そういう意味で、各国巡ってあれこれと騒がしを重ねる輩は凄ぇなと素直に思う。



続きを読む
posted by アシアン at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

己への疑問…という程の事でもなく〔幻火〕

 政務事は好かぬのだ。
 好かぬというより、嫌いなのだ。

 …なのに。

 何で俺ァまた、微妙に首を突っ込もうとしておるのだろうか。
 雑談場に顔を出す気になれぬというも、理由の一つなのだろうか。
 根本的にやりたがり、なのかもしれない。
 それも上に立つ部分でなく
 どちらかというと会場整備だとか、叩き台作成だとか
 意見まとめだとか、資料作成だとか
 その辺の部分を。


 食料やら記念品やら、国宣の場やら。
 決めねば訊かねば、と、忙しそうにしている政務陣を傍目に眺めながら
 ぼんやりとそんなことを思った。

 あんまり口を出すと後に退けなくなりそうなので、
 自重に自重を重ねる日々だ。


 さておき。

 先日、気になっていた国家間で発言の場を共用するという試み。
 王座の様子やら、国内の様子やらが分かって存外面白い。
 徒競走をしてみようなぞと言うておるのがちょいと気になるが
 それはそれで、楽しいやもしれないな。

 今後も気紛れに見守ろう。



オマケっぽく
posted by アシアン at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

ゆらゆら、日常〔幻火〕

 買い物がてらふらふらと歩いておったところ
 どうもエルフロールで農業をしている方が、品質の低下に悩んでいるというような話を聞いた。
 例の魔物が森林を喰らうたせいではないかと言ってみたのだが、
 それなりの技術(スキル)もあるにおかしい、どうも解せないと訝って憚らない。

 何処だかでお会いした気のする、酒の名をしたお嬢さんの助言もあって
 無事に疑問は解決したようだが…

 何せ、例の信用ならない神とやらがやらかしたアレコレ。
 飛び交う情報も憶測の域を出ないように思う。

 品質、収穫数、収穫迄の日数。
 結局、農民の技術が活かされるはどの側面なのだろうな。


 終えて、引き続き夕飯の買い物と
 ついでに雑貨のまとめ買い。
 大きい荷物はティンの手(脚か?)を借りて運ぶことにして…
 はて、マリオン砂漠の名産品というのは
 ……これから作らねばならぬのかねぇ。

続きを読む
posted by アシアン at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

砂漠へ〔幻火〕

 昨夜半、マリオン砂漠の入国管理所を通った。
 緑化計画でペンキと叫んでいるが実際にペンキブチ蒔けたらダメだとか
 国王さんが存外一人で頑張っている部分を目にしてお疲れさまな気分になったりだとか
 ちらほらと知った顔を見つけて何故かほっとしたりとか
 しておった。

 本日は借家の整理。
 軽い掃除と、それから色々に先んじて風呂の準備。
 俺は風呂なぞ要らないが
 旅の疲れと砂埃等落とすには風呂が一番、なのだそうだ。
 そんなら酒も要るんじゃねぇかと、ついでに買い物に行く算段も整えて。

 城下。
 砂漠とはいえ、オアシス周辺はそこそこの賑わいを見せている。
 軽い飯屋のようなものもあるようだ。
 砂漠のバザー(=個人ショップ宣伝所)の場所を確保しようかとも思ったんだが
 旅疲れか、人呼び込む気力が沸かないので後回し。

 自国の城の修復に、ノルディックの病院建設支援にと
 今が一番、アイテムやらが必要とされる時期ではあるのだがな。

続きを読む
posted by アシアン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【マリオン砂漠】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。