2004年10月02日

10がつ2にち

 廓で世話…にはなってないが
 何やらはっちゃけぶりが気に入ったお人に酒を押しつけてきた。

 返礼に、と、やはり酒。
 何やら綺麗な色の瓶に入った倭酒をいただいた。
 赤毛の火精霊には、涼しげな水色が映える、とか。

 綺麗な色に、綺麗な名を冠したその瓶を、暫く手にとって魅入る。
 映えるとか似合うとか、考えたこともなかったが。

 味が解らぬまま、一人で呑むは惜しいので
 どこかで朋輩と飲み交わそうか。


 片手に抱えて景色を見渡せば
 一面の砂漠に 満天の星。

 ああ。
 砂漠の夜は、大分冷えるな。

note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

9がつ30にち

 酔いを誘う 十六夜の
 月に巡りて 唄時雨
 朧と霞む冷光に
 音を連ねて 盃ひとつ
 重ねてゆらぐ 夜の陽炎




 龍笛を仕舞って 廓を発つ。
 花魁侍らせてた朋輩に、昔の笑顔を向けてやったら
 何だかえらく怯えられてしまったが

 怒っているわけじゃないんだ、うん。
 そういう場所なのだから、むしろ。
 それを愉しめぬ俺のが損をしている。
 多分。


 恐らく出国者は多いだろうから
 城門より少し離れた所で朋を待つ。

 …そういえば廓で酒を呑んでいないな。
 まあいいか。


note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

9がつ28にち

 砂漠の月

 片手で玩んでいた煙管を仕舞い
 砂さざめく大地に横になって 空見上げる

 好い、月だな

 雲一枚 隔てて
 その向こうで静かな光をまとい
 風に月の馨 ふわり


 好い月に 好い風
 遠く 廓の音を聞き

 ゆったりと目を閉じる


 月の幻惑 落ちて昇ったら
 立って前を向こう

 待っていては…
 恐らく 何も変わらない。


note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

9がつ27にち

 気付けば 月は高く
 真円に近い形をして

 見上げたその先に架かる雲

 溜息ひとつ
 目を閉じて

 らしくない と 解ってはいるのだが
 どうにも、調子が戻らない


 …参ったねぇ。


 どうにもならぬので
 そのままふらりと表へ出た

 眺めの良い、と言われたトリオン砂漠最南端
 遥か続くかのような砂丘に浮かぶ

 月 ひとつ。


 …砂漠の月も良いものだな。

note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

9がつ24にち

 ボルダーム、廓にて。
 顔出しだけしようと思ったらつかまりそうになったので
 とりあえず店の外に退避。

 竜笛…竜笛なぁ。
 誰かに預けた気がするのだが、気のせいだったろうか。

 形も音色も覚えているから
 カード創るように、炎から生み出しても良いのだけれど。

 龍の音携えて しばらく厄介になろうか。
 気が変わった、というわけじゃない。
 廓の雰囲気が苦手なのは相変わらずだし
 いや、嫌いなワケではないのだ。

 ただ…
 色々と懸念があるから。


 己で己に言い訳しつつ 掌を閉じて 開いて
 焔を結晶化させて生み出した龍啼を 指先でくるりと回す。
 唇に押し当てて紡ぎだした 澄んだ音は相変わらずで

 俺が泣けるのなら泣いていたかも知れないなと、小さく思った。


 酒も女もいらねぇよ

 今欲しいのは 一時の休息。

続きを読む
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

9がつ19にち

 引き続き、影に融ける。

 先日、ふらりと提案した話に
 朋輩が微妙に乗ってくれたようなので
 次の収穫が終わったら、農園から農場へ建て替えることにした。

 縛るつもりは全く無いので
 行く先に悩んだ時にでも 一時、立ち寄る感じで
 部屋を使ってくれれば良いと思う。


 …料理が、とか
 掃除が、とか
 そんなことを考えてしまうのは

 もう性分なんだろうか。

 少し切ないかもしれない。

note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

9がつ18にち

 夜明けにボルダームへ到着。
 が、俺も朋輩も何やら考えている事が終わってないとのことで
 入国準備が終わるまで暫し足止め、ということに。

 宿に泊まっても良かったんだが、何となく…
 久方ぶりに己が影に己が身を沈めてみた。

 消えそうで不安になるから、去るときは歩いて去れ、とか
 そんな事を昔、言われた気もする。

 こうして闇に融けるように
 爆ぜるようにかき消えても
 俺が質感はどこかに散じて
 俺は確かに存在しているのだが

 ヒトの感覚が 未だに解らなくて
 等しく感じる必要も無いのだけれど

 考え込む事が 無いわけでも ない。


 眠りに就く前のひととき。

 …そう言えば昔 棺桶で寝てたこともあったな。

note.
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

9がつ15にち

 朋友を待って、ボルダームへの旅路ふらり。

 妙な木の実をもらった。
 香りは悪くない。良くもないが。
 酒のつまみにでもしてみようか。

 そういえば、昨夜飛ばした文は無事届いただろうか。
 道中どこかで良さそうな酒を調達しておかねばならないな。

 どうにも、見回せば見回すほど倭酒ばかりなのが切ないところだ。
 俺は味がよくわからぬので、味より香の良いものの方が好きなのだがな。
 洋酒は…
 まだ探しきれぬだけかねぇ。
 国を巡れば幾つかは発見出来るかと思っていたが、そうでもないし。
 どうにも、困ったものだ。

続きを読む
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ボルダーム】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。