2009年02月25日

無題〔幻火〕

 植えた儘にしてある苗木を思い出す。
 言葉を餌に生きるというが、そう言えば俺自身、言葉を発する事が少なくなって久しい。
 其れも此も只、引き篭もりがゆえの賜物なわけだが――

 特に真新しいことが無くとも、毎日のように文章書き連ねていた頃が懐かしい。
 どうで俺の存在などあって無いようなもの。
 何より其れを望んだのが他でも無い俺自身なのだから仕方がない。

 今となっては最早何の感慨も無いが
 魔島が落ちた時に絶望し大陸を去ったお人らも
 もしやすると此と似た諦念に達したのやもしれない。

 其れが良い事だとは決して考えないし
 むしろ自ら楽しむ意識を捨てたのだと今も思っている。

 とはいえ無気力めいた怠惰な暮らしの何と快適なことか。
 小煩い俗世間に心騒がせることもなければ
 何より厭う政務事の欠片も耳に入らぬのだから。

 考える事と云えば身の引き所程度か。
「生くるまで生きたらば
 死ぬるでもあろうかと思ふ」、何てェ、な。



note.
 末尾の一言は前田慶次、無苦庵にての句より。
posted by アシアン at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。