2008年10月09日

酒と配達屋〔幻火〕

 炎の新酒の瓶は、結局見るに見かねたらしき某アフロが
 俺の失敗作を持っていって綺麗に仕上げてくれた。
 看板への反応はさっぱりだったが…
 奴風に云うなら、結果AllRight、ということなんだろう。

 とまれ、有り難く使わせて頂こう。
 早速買うて行ってくれるお人等に、知った顔が幾つも。
 正直まともな収入がコレしか無いゆえ値引きはしないが
 こちらも有り難いことだ。
 強い酒だが、楽しんで貰えればいい。


 しかし毎度思うのは
 自分トコの酒を自分で飲めぬというのは何故なのかと…
 まぁ、売り物ゆえ仕方が無いと言われればそれまでだが
 人に贈れぬというが不便は不便よな。

 配達屋なぞあればそれなりに需要がある気がするのだが
 自分とこの商品を手に入れる際は、皆友人知人なぞに頼むのだろうかな。

 暇と届けに行く足があれば始めてみようと思いつつ
 以前配達屋らしきものがあったような気もしつつ
 踏み出せぬまま恨めしく自店の棚を眺めて居る。


 とりあえず…連れを寝かし付けたら
 ハロウィンとやらの菓子でも探しに行くかね。
 …はて、連れは甘味、大丈夫だったか…?


 寝付くのを待ち乍ら
 寝転がった儘、金色猫がひっそり袖の下に差し込んでいった棒状のものの回答を書いてゆく。
送り主バトン−にゃんた編


 こういうものを始めに作るお人と云うは大変よな
 …と思うていたが
 そう言えば俺も作ったじゃねぇかと思い出した。
 あれももう少し見易いようにするかねぇ…



posted by アシアン at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。