2009年06月10日

深夜酒〔幻火〕

 珍しくも酒を集り…いやいやもとい、酒を呑もうと来てくれたお人と、深夜近くに語り酒。
 夢だ華だと酌む酒に、色気の欠片もない話を乗せてあれやこれや。
 肴に炙りスルメ、連れに甘えて刺身と野菜と。
 酒気と火気で湿気なぞ吹き飛ばしてしまえと、笑い合う。

 申し訳なかったのは俺がそう遅くまで起きていられず、「後は好きにやってくれ」てな具合で早寝してしまったこと。
 とはいえ相当数の酒瓶を抱かせて置いたで、それで勘弁して貰えただろうかな。


 とまれ久々の騒ぎ酒。
 大抵一人しみじみ呑んで居ったが、雨の多いこの季節はこうした酒の方が有り難い。

 昼過ぎに起き出して、出し放しだった膳なぞ片付け乍ら、未だ部屋に居るとも居らぬとも知れぬ相手を思い出して、ちょと笑った。



続きを読む
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

些か溜めすぎた〔幻火〕

 気付けば大分に長いこと手記を開かないまま放置していたようだ。
 手記の傍らに置いたまんまの草は…大分ヘタれてはいるものの、奇跡的に無事で居る模様。
 草木の生命力というのは思いの外たくましいものらしい。

 俺はと言えば、引き篭もり乍らも日々それなりにある変化を、記録しよう記録しようと思いつつ筆も執らずに居る始末。
 草花より精霊の方が絶えるのが早いのはどういうことだ…とは思えど
 そもそも炎というのはぱっと咲いてぱっと散るというものであって――
 …否、言い訳になるからやめよう。


続きを読む
posted by アシアン at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。