2009年03月17日

動と静〔幻火〕

 水温む頃、なぞと云うが、氷窟と名の付く自宅付近はまだ冷える。
 …が、三月に入り、雪が降る日も徐々に減って来たようにも思う。
 
 気付いたらば放置気味の苗木から芽も出て居て
 今のところは存外奇抜な状態にもならぬまま、ひよひよと寒風に揺れて居る。
 隣には連れの世話する菜園。敷地の奥には植えた花木。

 陽脚も和らげば春近し。

 普段通りの散策の折、自宅で処理仕切れぬ菜園の倖など行商するが連れ合い
 その合間を見て俺は塔やら墓やらに潜り
 ほぼ遺跡荒らしのようなことをしては日銭を拵える。


 そんな折。
posted by アシアン at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

それについての異論はない〔幻火〕

 例によって知らぬうちに世界は動いている。
 白い日だか何だか分からぬが
 相変わらず半裸の形した神とやらが何かをやらかし
 気付けば自宅の近所の地形が変化して居た。

 聞けば愛を叫ぶ場所なのだと云う。
 世界の中心ではないらしい。
 しかし何でまたわざわざ水辺などに作るのだ、なぞと思いつつ
 暇潰しに見に行って見たところ
 確かに「海辺」で「高台」ではあったが
 高台の上に湖があるような景観であり
 決して嘘はついていない説明書なのだが
 なんとなし理不尽さを覚えたりして

 一人唸って居たのだ、が 

続きを読む
posted by アシアン at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

いま、むかし〔幻火〕

 日課めいた書架の整理。
 埃払いにと久方ぶりに奥を漁って居たところ
 てっきり焼失したと思っていた過去の記録が大量に発掘された。

 昔々の、ミス・ミスタコンテスト。
 ビア・ガーデン。
 彼の島の地下にある談話室で交わされた、旧友達との談話。
 某アフロや、スルメのお人との対戦記録。
 果ては嘗ての戦況、革命の裏に至る迄 ……

 大分に劣化が進んで、所々抜け落ちては居たが
 懐かし過ぎる其れに時間を忘れ、見入ること暫し。

 夜の早い内から時を過ごし、気付けば時間は深夜近く。
 地下の雑談室にての記録などは、余りに俺自身が弾けすぎて居て
 よくもまぁこれだけ自爆を重ねられたものだと
 我がことながら呆れを通り越して感心する。


続きを読む
posted by アシアン at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。