2008年09月16日

特に為すべき事も無い〔幻火〕

 気付けば月見の候も終わり
 閨の月も雲向こう

 連れ合いの気紛れに拗ねて見せるつもりで
 知らず本気で落ち込むに任せ
 空模様同様に澱んだ気分で
 伴侶を抱き枕に夢見心地

 晴れぬ気分の儘に微睡む 


 そんな状態で
 瓶にも入れぬ状態で棚に並べていた焔の酒
 良い加減にどうにかしたいとひとまず棚から下ろしたは良いが
 結局手付かずのまま放置してある
 そもそも俺は酒瓶を作れぬのだから仕方がない

 俺以上に気紛れで気分屋な元アフロに頼むとして
 何時仕上がって来るのか知れたものではない
 それでも頼まぬよりはマシか
 なぞと気心が知れたゆえの一思案


 連れの熱は離れず
 だが未だ 空も晴れない


晴れぬままに
posted by アシアン at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

何処かを見ながら〔幻火〕

 本当の「つんでれ」とやらは
 某地鶏殿ではなかろうか、と密かに思う次第

 だがきっと向こうに云わせればお互い様なのではないかと思う。


 さて。


 森と水の国の騒動へ首を突っ込んで、逃れて
 さして久しくもない日常が戻り来る近々。

 半月前の妖鬼之宴の礼状も…
 …ま、俺の担当巡りは一段落し
 俺自身はというと
 おそらくは来月末になろう、ハロウィンの時節まで閑散の時節。

 この隙に連れに溺れ直そうかと密かに画策している

 無論、止めるものなどない。


続きを読む
posted by アシアン at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

出国〔幻火〕

 未だ、体験したことのない落城
 此度こそは、と思えど
 結局物怖じて、落ちる寸前に城門を出た

 振り返れば瓦礫の向こう
 佇むはいつか見た顔

 回収はせぬと言っていた王
 その言葉に嘘偽りはあるまい

 なればあの姿は別勢力
 それは構わぬ

 ただ、森と水とが穢れぬことを祈った



 走り書きに書き留めたは国内の情景
 失策、失敗と世界情勢に呆れ、時に蔑まれるそれも
 国内にては一切批判の対象ではなかった


 国にあったのは ただ
 穏やかで、楽しげで
 戦中にあろうとも緑の絶えぬ森と水

 深き森の一端は戦火に塗れども
 戦中にありて尚、見いだされる森の恵み
 森の巨人の足跡か、深緑に満ちるであろう湖


 ほんの数日
 時間にして何十時間か
 それでも、この国に在れたことを嬉しく思った


続きを読む
posted by アシアン at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【トルニアード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。