2008年05月31日

5月31日〔現火〕

 おそらくは、数日の後

 また 瞼を開いた

 無意識に傍らへ伸ばした手は、何にも触れることは無かった

 急速に悖る記憶
 胸の中心に蟠る虚無が、否応なく現を思い知らせる


 ――あなたを 失った



 もう 俺には何もない


 なにも いらない


 あなた 以外の 何も――
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

5月28日〔現火〕


 瞼を 開いた

 見えるものは灰色の虚空のみ
 そよぐ風だけが俺を生かして居る


 誰かの声が聞こえるけれど
 何を言っているのか、よくわからない
 触れてくるのは誰かの指先だろうか
 あたたかさが虚しくて また眸を閉じた



posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

5月25日〔現火〕

 頬にそよぐ風を感じる

 其の 訃 報  が


 夢であればと、願った



posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

5月20日〔現火〕




 報せを聞く。


 ……其の後の、記憶が ない。





・・
posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

5月18日〔現火〕

 新居にも、大分馴染んで来たように思う。
 彼の部屋、もう一人の彼の部屋。

 未だ間取りや家具類の配置が覚えきれずに、時折壁やらにぶつかりはしているけれど、そのうち慣れてくるだろう。

 生活も魔島の時と変わらぬようになった。
 朝出仕に出る人を見送り、昼をもう一人と過ごし、また夜を迎える。


 …だが、この日の日中は一人。
 此処に越して、初めての





 ――何故、だろうか


 どうして、こうも……――




posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

5月16日〔現火〕

 街並みの把握も兼ねて、生活必需品と食料品等の買い出しへゆく。
 自分自身に収入があるわけでないので、何か贈り物…と思ったところで、買える筈もなく。
 それに、買ったとしてもきっと、渡すことなど出来ないだろう。

 実のところ
 少しばかり収入(…というより、小遣いだろうか)のあった頃に
 そうしたものばかり、密かに買い溜めて居て

 捨てきれぬまま、旅に持ち歩き
 未だ渡せぬまま、何もない部屋の片隅にそっと置かれている。

 あれは何かと、問われたら
 …一体俺は、どう答えれば良いのだろう。

posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

5月15日〔現火〕

 帰宅……より数日明けての、1日。
 家具の揃えと、各々の部屋の体裁を整える。

 旧文明か、魔導文明か…何やらの研究を始めたらしい恍の為に設えた部屋が少し、物珍しいように思う。
 自分の部屋には何も要らないと二人に告げた。
 一人で何が出来るわけもなく…
 光どころか景色も映さない両眼に文字などが見える筈もない。
 物が多ければ多いほど、躓いてその後目も当てられぬ状況になるは分かりきって居る。

 何より、俺の時間は二人の為に使いたいから。


posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

5月14日〔現火〕

 魔島よりの移動を兼ねての各地観光…を終え、施工整ったハイグールの自宅へと到着した。
 整った…とは言えど、調度品や生活必需品等は未だ何もない。
 只彼の希望で、自活の為(なのだろうか?)の茄子畑用の耕地だけは、居を移した当日に急遽整えて貰った。

 道中思いがけぬ出遭いもあったが、それはまた後日記そう。
 夜半に気掛かりはあれども、概ね恙無く。
 馴染みの無い新居に荷を解きて、この日は休む。


posted by アシアン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

帰路〔幻火〕

 ワンズを出て、陸路。
 マリオン砂漠から、ジークスロイド領地を抜け、デルモ
 渡水路を避けて、何やら国内の賑やかそうなシーユ山脈回りに経路を取り
 ロウドバーグ、ディアガル山地、ヨバムを抜け、更にトルニアードを縦断した先が、漸く自宅のあるジネバスの地。

 何処かの国で魔導船なりを使わせて貰えば早いのだろうが
 決して旅嫌いではない性分、折角の遊覧紀行(帰宅するだけなんだが)をふいにする理由もない。

 そう言えば、いつぞや一瞬届けられていた目玉の親御…いや、里親…?
 まぁ、そんなようなお人への贈り物を漸くに手に入れたので
 多少遠回りにはなるが、オルファンヌへ寄り道するのも良いかもしれない。


続きを読む
posted by アシアン at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

覗窓


・長らく変化の無いもの
・主の無いもの
・その先が見えぬもの

 つまりが開く用向きの失せた覗窓の幾つかを潰した


 以上、報告のみ
posted by アシアン at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | めも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

潮時だろうか〔幻火〕

 元より須く人を好いているわけでなし
 むしろ好みの幅はより狭い方だ
 人のみならず場の雰囲気の好嫌も
 笑いに走る事柄さえ。

 己自身が不躾な割に、最低限の礼儀をも弁えぬ輩を好かぬ
 気分屋にして気紛れ、偏屈と言われるも否定はしない。

 そうした己を自覚するがゆえに
 敢えて人の輪に加わろうとは思わぬし
 たとい加わったとしても、深く関わろうとは思わない。

 今でこそ連れの存在がその理由の最たるものではあるが
 元を糾せば人と交わり生き延びるを不得手とする己あればこそ。

 有り難くも不思議なことにこんな己を面白いと言い縁を繋げて呉れるお人等が居て
 御陰で未だ世界との関わりは閉ざされては居ないが
 それだとて何時まで続くか知れたものではない
 今でさえ本格的に人を世を厭うて居に籠もろうかと思うことが屡々ある。



 気付けば雨の時期も近付いている。

 消えやしない

 消えやしないが



 暫く休もう。
posted by アシアン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闇に啼く龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無明〔幻火〕

 大義の中に己を為す人あれば
 小義の内でしか存え得ぬ者もある
 たとえそれが愚かなことであろうとも

続きを読む
posted by アシアン at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 闇に啼く龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

居を移す〔現火〕

 彼と、あの人と
 二人併せて、かつてのあの人になるのだと思う

 裂くほどに傷つけたのは他でもない自分自身で
 それでもその魂は今尚…
  …否 今にして漸くこの傍らにある


 二つのうち一つを不在とした一巡りを経て
 漸くに契りを結びて 密かに諸国を巡る

 それを機にと、これまで魔島に構えていた畑を払い
 農業に適した地であるハイグールへと居を移すこととなった

 ひとまずは土地と畑のみを整えて貰い
 新居の間取りや設備などは旅中に決めることとなる …だろうか


 こうして暮らせるなんて思いもしなかった
 触れれば消える夢のようで
 未だ 信じられずに居る

 見えない視界の内
 傍らに居てくれる二人だけが 唯 俺の真実



音ならぬ胸中
posted by アシアン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。