2007年02月27日

気紛れの果て〔幻火〕

 どうもこのまま外務をやることになるらしい。
 現状を見る限り
 乗っ取ろうと思えば乗っ取れそうな気もするが
 面倒なので敢えてやろうとも思わない。

 国の代表の反応は、相変わらず殆どない。
 地固めだけして手っ取り早く旅の身空に戻りたいもんだ。


 リーネ殿から頂いた黒てるてるの衣装で
 家の一角に占術処を開業しながら
 とりとめもなく、そんなことを思う。


 連れ合いは目覚めてはくれたものの
 以前よりぼんやりとしていることが多くなった気がする
 俺が国に関わりすぎて居るせいかもしれない。

 本当、何をしているのだろうな、俺は…


 あまりに反応が無いようであれば
 早々に見切りつけて国を出よう。

 何よりも大切なのは、傍らにある存在なのだから。


続きを読む
posted by アシアン at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ゴルダン諸島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

塔50階

 脱落者の踊り場、と呼ばれているらしい。
 何から脱落したのだかよくわからないが
 3日に一度、何故かレースが開催されている。

 たまに気が向いたときに出走登録しているんだが、大体抽選漏れ。
 …が、今回は久々の…
 本当に久しぶりの出走となった。
 二回目らしい。
 実は初回を覚えていない。
 結果を見損ねた気もする。

 そんな雪辱(?)を晴らすため、今回はきっちり保存しておこうと思う。


というわけでレース内容。
posted by アシアン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

最初で最後の大気紛れ〔幻火〕

 役職者、政務陣は大嫌いだ。
 ある国の変わり目を体験して以後、一度たりともその思いは変わったことはない。
 今だってそうだ。

 それなのに、
 どうしてか中継地管理人を渡り歩いたり
 一度崩壊を迎えたゴルダンに入国して、あまつさえ内務開発外務の執務室まで覗くようになっている。
 終わってる。


 昏睡状態の連れ合いは未だ目覚めない。
 ずっと傍に居てやりたいから、国に顔を出す時間はなるべく少なくしているつもりだ。

 それなのに。


続きを読む
posted by アシアン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ゴルダン諸島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

虚空に抗う

 言い合って家を出て また戻って
 理由もわからぬまま受け入れられ赦されて
 乞い乞われるままに共に在る

 ぎこちないながらも、無情なほどに時間は過ぎる


 思い出す暇などないほどに
 今 このときへ意識を向ける

 語るは現に起きたこと
 問うは目の前に居るこのひとのこと

 朝に目覚めたそのときからを
 隙間が出来ぬように 記憶として意識に埋め込む

 空の色、雲の形、花の香り
 風の匂い、土の湿気
 飛び交う野鳥と、虫や小動物
 寒さに凍える木々の葉

それから
posted by アシアン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

それ以前の問題〔幻火〕

 ゴルダンに押しかけ入国して、早一月と少し。
 人材不足……というよりは
 純粋な人手不足に、上の人らは頭を悩ませているようだ。
 国民数の少ない国はどこも似たような状況なのだろうか。

 イベントをすれば盛り上がる。
 街の賑わいだってなかなかのものだ。

続きを読む
posted by アシアン at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記【ゴルダン諸島】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ヴァレンタイン・ディ

 昔は義娘やら義孫がくれたものだが
 最近はお互い無沙汰しているせいかさっぱり応答がない
 …まぁ、仕方ないんだが

 どうで今年も無いのだろう、と
 半ば故意に忘れていた、そんな夜に
 思いがけない来訪者から貰った、貴重なもの。

 品より心だと、つくづく思う。

 普段動かぬひとでも、こうした日に訪れてくれる
 ただそれだけで有り難く…

 加えて先日、好きそうな代物を見つけて購入したは良いが
 今ひとつ渡しに行く切っ掛けが掴めずに居たから尚のことありがたい。

 またいつか、共に騒げる日が来るといいな。

 貰った品をテーブルの上に飾りながら、ぼんやりと思った。

続きを読む
posted by アシアン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

何やら騒がしいと思えば

 国の外が何やら賑やかだと思っていたら、
 どうやら西の方の国が改装だとかそんな話をしているらしい。
 国というか旅籠だが
 ついでに西の方と言ってもゴルダンから見た時の話で
 大陸全土で言えば中央よりなのだが。

 …ともかく
 そんな話を風の噂で聞いた。

 「国」と呼ぶには人の少なすぎる世界
 そんな経営の仕方もまた、良いのかもしれない。

 邑や街、集落。
 国王などと名を呼ばず、長老やら族長でも良いんじゃなかろうか。
 …いいな、長老。

続きを読む
posted by アシアン at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幻火:戯れ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

別了《惑わしの桜》

 泡沫の時は過ぎて
 狂う桜の眠る夜

 その手にはかつて彼の人より譲り受けた扇
 長らく続いた未練を断ち切るためにと
 敢えて桜に託した黒の扇


 …眠りに消ゆる刹那
 見えたのはかつての面影 かつての声

 失うことを恐れ 傷付けることを恐れ
 何よりも拒まれることを恐れて求めなかった

 出会う時が違っていたら
 俺は貴方を愛したかもしれない


 愚かな炎は熱無きまま滾り続けるよ
 貴方をも諦めて尚欲した存在がこの世界にある


 美しく凍てついた 優しい金の眸のひと
 貴方に安らかな眠りがあることを

 今はただ祈る
posted by アシアン at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 現火:現への遡行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。